ご利用方法

ご利用方法 画像

ご利用料金について【利用料金例】

世帯収入 利用回数 送迎 計算方法
Aくん
(6歳)
生活保護受給世帯

市町村民税非課税世帯
負担0円

週1日 なし 767単位(1回分)×1回=767単位 合計 約0円/月
※送迎なしの場合
Bさん
(10歳)
概ね年収890万円未満
負担上限4,600円
週4回
(月20回)
あり(往復) 875単位(1回分)×20回=17,500単位 負担上限4,600円の為 合計 約4,600円/月
※送迎ありの場合
Cさん
(10歳)
概ね年収890万円以上
負担上限37,200円
週4回
(月20回)
なし 767単位(1回分)×20回=15,340単位 負担上限がないため 合計 約15,340円/月
※送迎なしの場合

(注1)児童発達支援(3歳から5歳)は無料となります。
無償化の対象となる期間は、「満3歳になって初めての4月1日から3年間(※)」 です。
※利用者負担以外の費用(医療費や、食費等の現在実費で負担しているもの)は引き続きお支払いいただくことになります。
※幼稚園、保育所、認定こども園等と、上記サービスの両方を利用する場合は、両方とも無償化の対象となります。
(注2)上記のBさんは、受給者証の「負担上限月額」が4600円となっているため、月20回ご利用されても、ご利用者さまにお支払いいただく料金は4,600円となります。
(注3)上記の利用料の他に、事前にご確認を取った上で、おやつ代・事業所外活動の実費をお支払いいただくことがあります。おやつ代(1回約100~200円)になります。
(注4)1日ご利用すると(例えば30分でも、4時間でも)、上記の金額が発生します。
(注5)送迎料は、単位加算で算出します。上記のBさんの利用料金例には、送迎の費用を含んで計算しています。送迎の料金は片道50円程度です。


page_01

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号043-488-4888 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • ▲page top